町の便利屋さんファミリー日野店

自由研究にもなる?汚れと洗剤の化学でお風呂そうじは楽しくなる

お問い合わせはこちら

自由研究にもなる?汚れと洗剤の化学でお風呂そうじは楽しくなる

自由研究にもなる?汚れと洗剤の化学でお風呂そうじは楽しくなる/ 町の便利屋さんファミリー日野店

2022/08/03

どーも店長です✨
最近お風呂そうじが楽しくなってきました。というのも、大体の汚れが想像したとおりに落ちるようになってきたからです。最初の頃に比べると、汚れと洗剤への理解が深まったせいか、自分なりのルーティーンもできてきました。

さて、夏休みということで、これらの『汚れ』と『洗剤』についてをテーマにして自由研究なんてのはいかがでしょうか?笑

お風呂には酸性の汚れとアルカリ性の汚れが混在します

お風呂の中には人間の皮脂や石鹸カス(酸性石鹸)を代表とする『酸性』の汚れと、水アカに代表される『アルカリ性』の汚れがあるのをご存知でしょうか。

お風呂そうじが上手くいかない理由は、ほとんどの家庭でバスマジックリンに代表される『中性』に近い洗剤1本でお風呂そうじがなされているからです。
もちろんデイリーな簡単な汚れであれば中性洗剤で落ちますが、時間をかけて堆積した『水アカ』なんか落ちるわけがありません。

みなさん『鏡の水アカ』をバスマジックリンで落とせたことがありますでしょうか?ほぼほぼ落ちないのは水アカがアルカリ性の汚れだからです。

黒カビには塩素系漂白剤

またお風呂の汚れの中には『黒カビ』が存在します。もちろん赤カビさんもいると思いますが、根強く目立つのは黒カビです。

黒カビは真菌という『菌類』いわば生き物です。そして黒い色素が強いので、この両方を制圧することが黒カビを落とすのに有効と言われています。
色素を脱色する『漂白剤』、カビを死滅させる殺菌消毒を得意とする『塩素』、これらを合わせたものが塩素系漂白剤です。

一言で言うなればキッチンハイターに代表される安価でどのご家庭にも1本は常備されている、普通の漂白剤のことです。もちろんカビキラーや、カビハイターのように黒カビ専用に出回っている商品も成分的には近しいです。

『塩素系漂白剤』は『塩酸』と勘違いされて『酸性』のように感じてしまいますが、『アルカリ性』の洗剤であることも重要なポイントです。

黒カビだらけの排水溝も、塩素系漂白剤を薄めたバケツに漬けたり、薄めた液を散布してサッとこすればこのとおり
なお、排水溝は黒カビ意外にも皮脂や石鹸カスなど、酸性の汚れがたくさん付着している場所です。塩素系漂白剤はアルカリ性のため中和反応が起き、結果としてサッと汚れが落ちていきます。

我々がお風呂そうじする際の最初の手順としては、塩素系漂白剤を噴霧器に入れて水で薄め、浴室のあらゆるところに散布して30分程度放置します。塩素濃度とつけ置き時間が肝心ですので、パッキン類は30分程度で同じ濃度だと落ちないことが多いため、本格的にやる場合は塩素系漂白剤の薄める濃度を調整し、サランラップなどで水気が飛ばないようにつけ置きます。

塩素系洗剤と酸性洗剤を絶対に混ぜてはいけない理由

キッチンハイターに代表される塩素系漂白剤や、サンポールに代表される酸性洗剤には、必ず『混ぜるな危険』という表記があります。とにかくこの両者を絶対に混ぜてはいけないというのです。

なぜ混ぜてはいけないのでしょうか。

塩素系漂白剤や塩素系洗剤の主な塩素系の主成分は次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)です。次亜塩素酸ナトリウムは、塩素(気体、Cl2)と水酸化ナトリウム(NaOH)で作られていて、次亜塩素酸ナトリウムを取り出す際には水と塩化ナトリウムも同時に生成されます。

次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性で、酸性のものと反応が起きると一気に分解します。

次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)と酸性の代表塩酸(HCL)を混ぜると
塩化ナトリウム(NaCl)と水(H2O)そして塩素(Cl2)が発生します。

この塩素は気体であり、有毒です。

塩素ガスは強いアルカリ性です。人間の体の目や鼻の粘膜を傷つけたり呼吸器に重篤な障害を残す可能性があります。また、中毒症状などが発生し、最悪の場合死にいたるケースもありえます。

お風呂の床の黒ずみが落ちない 漂白剤がおすすめ 自宅で簡単に行う方法

2022.06.15

酸性の汚れにはアルカリ洗剤を

これまでにも何度か出てきましたが、人間の皮脂や石鹸カス(酸性石鹸)、黒カビなど酸性の汚れや殺菌を必要とする汚れには、『アルカリ洗剤』が有効です。そして、アルカリ洗剤の中には塩素系のものとそうではないものに分かれます。

いわゆる『ぬめり』くらいの汚れであればバスマジックリンに代表される中性洗剤でも十分に落ちるでしょう。頑固な酸性汚れにはアルカリ洗剤をまずは試してみて下さい。

少し本格的なお風呂そうじの手順としては、最初に黒カビを落とすのに『漬ける』時間を確保するためにも塩素系漂白剤を浴室全体に散布するのが時間効率がいいとされています。
塩素系漂白剤と酸性洗剤は絶対に混ぜてはいけないので、塩素系漂白剤→高圧洗浄機(お持ちの方は)→アルカリ洗剤(または中性洗剤)で磨く→酸性洗剤で磨くという流れで行うと綺麗に汚れを落とすことができるでしょう。

アルカリ性の汚れには酸性洗剤を

一方アルカリ性の汚れの代表である水アカや、お風呂場の床などに白くもやっとした感じで付着している金属石鹸には酸性洗剤が有効です。

強い酸性洗剤は『酸焼け』と呼ばれる変色を起こしてしまう可能性も高いことから濃度と時間に気をつけながら作業しなければなりません。

鏡のウロコはさらに強敵

鏡に付着する水アカは『ウロコ』と呼ばれ、お風呂そうじの現場ではオプションで大体5000円くらいの料金が追加でかかります。
鏡に付着するウロコもアルカリ性なので酸性洗剤で基本的には落とすのですが、磨かなければ基本的に落ちません。そして、市販のダイヤモンドパッドなどで磨こうとしても時間がかかり過ぎて基本的には挫折してしまいます。

そのため、我々のような業者さんは専用の電動工具で作業を行います。
そうすると

このとおり綺麗になります。
こればかりは道具なしでは心が折れてしまうと思いますのでご無理なさらず。
なお、8月31日まで近隣の方限定で出張費込みで3,000円でウロコ取りキャンペーンを行っています。ぜひお試しください。

自由研究のテーマにいかがでしょうか

すでに業界では一般化されいてる『お風呂そうじの化学』ですが、一般家庭ではまだまだあまり知られていませんし、そもそもどんな洗剤使えばいいの?ということがほとんどだと思います。

化学で言えば『中和』に関することですが、学校で習ったとてどうやって生かすの?とか、化学って面白い!と感じられる体験って、実は身近にもあるんだなと大人になってから知りました。
私は中学生までは比較的勉強はできた方ですが、『なんの役に立つのか』みたいな疑問のせいで、高校生以降は低空飛行を続けました。笑

まずは『体験する』ことで、化学を身近なものに感じていただくお手伝いや、自由研究で悩む保護者の皆さまに少しは役に立てるのではないかなと、お風呂そうじをしながら思ってしまいました。ご興味がある方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。

これを機にお子さんがお風呂そうじに目覚めるかもしれませんよ。笑

まとめ

いかがでしたか?
お風呂場には『酸性の汚れ』と『アルカリ性の汚れ』が存在します。それぞれ別のアプローチを取ることでスッキリキレイなお風呂場に蘇ります。また、カビ取りなどについても、なかなかカビキラーじゃ上手くいかないという場合もあると思いますので、別途ご相談いただければと思います。

最近お風呂そうじが楽しくなってきたので、少し遠方でもご依頼があれば行ってみたいと思いますので、そちらも合わせてご連絡いただければと思います。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。